“世界最強チェーンを作ったレイ・クロックの5つの教え

PMFついて

ごあいさつ

“自他共育”の精神

当財団は、「学ぶ喜び」「教える喜び」「広める喜び」を人財育成の基本とし、“自他共育”の精神の下、日本経済の活性化に 寄与することを目的としております。

我々は、ビジネスにおける成功者が保有する優れた考え方・実践法を体系化し、「ペイフォワード」の価値観の下、その指導者を育成することを通して、世の中にそれを幅広く普及するために存在します。
その活動を通じて、誰もが成果を出せる仕組みづくりに貢献します。

現在、「プロセスマネジメント」を基本コンセプトに、営業分野(セールス&マーケティング)、Web分野、店舗営業分野などを中心にビジネスで必要とされる業務の研究・教育活動を
行っています。

3つの目標

  1. スキルおよびナレッジの標準化・体系化
    営業やWeb分野や店舗営業分野に従事する人材に必要なスキルとナレッジを標準化し、それを体系的に明示し、
    習得を支援します。
  2. 就業環境の整備と地位向上
    これまで比較的曖昧だった営業やWeb分野や店舗営業分野での能力の習得方法を明確化し、人材育成・人事評価体制の整備を支援します。それにより、長時間労働をはじめとした労働環境の改善や地位向上を目指します。
  3. 地方企業支援体制の整備
    地域密着で“共育”に取り組む人財を育成し、地方の中堅中小企業の課題解決を支援します。それにより地方経済の活性化に寄与することを目指します。

一般財団法人 プロセスマネジメント財団の主な事業

認定事業 各分野に関する優れたカリキュラムの認定、資格認定
教育研修事業 各分野における人材育成・教育プログラム提供
地方経済活性化事業 各地域の中堅中小企業の営業課題解決プログラム提供
出版事業 各分野における教材・テキスト類の出版
会員事業 情報提供・イベント企画運営をはじめとした会員組織運営
調査研究事業 各分野における調査・研究活動および発表

一般財団法人 プロセスマネジメント財団について

法人名称 一般財団法人 プロセスマネジメント財団
(2011年1月「日本売れる仕組みづくり一般財団法人」より名称変更しました。)
所在地 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-1
住友信託銀行八重洲ビル9階
TEL:03-6880-2614(代表)
FAX:03-6880-2611
設立年月日 平成20(2008)年12月1日
顧問 若松 義人 (カルマン株式会社代表取締役)
青木 仁志 (アチーブメント株式会社代表取締役社長)
アドバイザー 石嶋 洋平 (株式会社ミスターフュージョン代表取締役社長)
吉本 信治郎 (株式会社ライトアップ 監査役)
古澤 暢央(株式会社セルフデザイン代表取締役)
中園 徹(株式会社P.B.S代表取締役)
役員 代表理事 野部 剛
理事 小松 弘明
理事 宋 文洲
監事 吉本 信次郎
評議員 3名
講師

組織図

各認定講座のご紹介

【1】「利益のピラミッド経営法」講座 <ピープル・ビジネス・スクール>

【対象:店舗型ビジネスの経営者、マネージャー】
マクドナルド創業者のレイ・A・クロック氏が、ハーバードビジネススクールに私財を投じ、7年以上検証した「原理原則プログラム」を元に、日本マクドナルドを創立者の藤田田氏と共に、ゼロから1000億に成長するまでのオペレーションシステムを築き上げたのが、林俊範氏(元日本マクドナルド統括スーパーバイザー)です。 「利益のピラミッド経営法」講座は、そのレイ・A・クロック氏の開発した仕組みを体得した林俊範氏が編纂したもので、本講座のコアプログラムである店舗営業型ビジネス向けの実践的マネジメントプログラムです。

「パート・アルバイト戦力化講座(全7回)」「最強の店長養成講座(全7回)」「スーパーバイザー養成講座(全7回)」の全3講座から構成。

?

カリキュラムは、林氏創設の株式会社ピープル・ビジネス・スクールが提供。日本マクドナルドでオペレーションマニュアルを築きあげた体系を、上場企業から中小企業まで幅広く指導、提供。大手飲食チェーン、中堅スーパーから中小整骨院まで幅広い企業にて、数々の成功を収めている。


【2】プロセスマネジメント講座(営業講座)<プロセスマネジメント大学>

【対象者:経営者から営業マネージャー】
2000社以上のプロセスマネジメント・コンサルティング事例を通じて開発された、営業(セールス&マーケティング)に関する超実践的プログラム。延べ3000名以上が受講し、93.1%の方がその効果を認めた実績あるカリキュラム。

日本で初めて「プロセスマネジメント」を提唱したパイオニア企業であるソフトブレーングループ(創業者宋文洲氏)のソフトブレーン・サービス株式会社が原案を提供。各専門家や実践者によって構成されるカリキュラム委員会にて、受講生にとって必ず業績向上に直結させることを目的として、適宜改訂されている。

受講生は、目標達成に向けて、各回の講義を受講し、課題解決に向けた課題設定と実行プランを決め、 「確認テスト」を受け理解度を確認し、自社内を巻き込んで「宿題」に取り組み、約1カ月後までに実行成果を提出し、次回講義に臨み、フィードバックを受けるというサイクルを半年間に渡り実践し、成果を出している。

※短期間でプロセスマネジメントの実践方法について学びたい方向けに「プロセスマネジメント・スピード・トレーニングコース(全2回)」、営業マンのための営業のスキルおよびナレッジの標準化のための「ソリューションセールス・マスターコース(2日間)」も用意されている。


【3】WEB講座  <プロセスマネジメント大学>

【対象者:「これからWEBに本格的に取り組もうとしている初心者」から、「広告出稿などのWEBに取り組んだ経験が1年以上ある中級者」、「WEBコンサルタントやEC事業者やWEB制作会社の方などの上級者」まで】

ホームページやeメールを活用したWEBマーケティングに取り組むための実践的プログラム。SEO、キーワード広告、アクセスログ解析、LPO、ライティング、ホームページ制作、ソーシャルメディア、など各分野に精通したプロフェッショナルが揃うカリキュラム委員会で編成されたテキストを使用。基本的なWEBマーケティングの知識だけでなく、営業プロセス全体最適の視点から、「儲かるホームページ」構築とその運用に向けた最新のノウハウを提供。レベル別に各種講座を用意。


※「プロセスマネジメント大学」は、一般の学校法人ではありません。
また、一般的な有料セミナーでもありません。